バッテリー交換の手順を解説

バッテリー交換をする際に注意することがあります。

①エンジンキーをOFFにする。
②工具などでプラス端子とマイナス端子を接触しない。
③取り付け時にプラス、マイナスを絶対に間違えない。

以上を注意して取り付けを行いましょう。

バッテリーを外す

まず、バッテリーを固定しているステーを外します(赤丸部分)。ここで必要な工具は10mmまたは8mmのスパナです。ステーの先端はU字になっており、車体側に引っ掛けるように固定されています。ナットをすべて取り外さなくても緩んできたら取り外せます。

バッテリーステー部印

ステーを外したら次にマイナス端子を外します。ターミナル部分の10mmのナットを緩めるとターミナルが手で動きますのでそのまま外しましょう。

バッテリーマイナス端子印

次にプラス端子を同様に外します。通常プラス端子には赤い保護カバーがついていますので、取り付けの際には間違えないように目印変わりとなります。

バッテリープラス端子印

すべての手順を終えると、バッテリーを取り外すだけですが、バッテリーはサイズが大きくなるほど重くなるため、手を滑らせて他の部品や車体に落とさないようにしましょう。

バッテリーを取りはづしたらバッテリーの受け皿が残ります。車種によってはこの受け皿が固定されていないものがありますので、バッテリーを取りはづした際にずれていないか、固定位置を確認しておきましょう。また、両サイドにバッテリー固定ステーを引っ掛ける受けがあるのが確認できます。(赤丸印)

バッテリーを外した受け皿

バッテリーを取り付ける

バッテリーを取り付ける際には絶対にプラスとマイナスを間違えないようにしてください。もしも端子を逆に取り付けた場合、メインヒューズがショートし、ヒューズの交換が必要となります。

また、バッテリーの保護カバーの付け忘れも注意しましょう。バッテリー保護カバーは高温や低温によるバッテリー上りを防ぐ役割があります。寿命を延ばすためにも必要なカバーなのです。

バッテリーの取り付けの手順は上記バッテリーの取り外しの逆の手順となります。画像のみ記載しますので、確認のためご覧ください。

バッテリープラス端子印
①プラス端子を付ける。
バッテリーマイナス端子印
②マイナス端子を付ける。
バッテリーステー部印
ステーを固定する。

以上でバッテリーの交換作業は終わりです。最後にステーやターミナル部分の緩みがないか確認しましょう。もしも、緩みがあった場合は、走行中に徐々にターミナルが緩んでいき、何かの拍子で外れることがあります。その場合、走行中にも関わらずエンジンがストップする可能性もありますのでしっかりと確認しましょう。

バッテリーを交換後の注意点

バッテリーを交換したら、時計やオーディオなどの電装品はリセットがかかります。同じようにパワーウィンドウもリセットがかかります。それは故障ではありませんので以下の手順を踏んでリセットを解除しましょう。

パワーウィンドウのリセット・・・それぞれのパワーウィンドウスイッチを開閉します。全開時そのままスイッチを5秒間ほど維持します。その後全閉し全閉時同じく5秒間ほど維持します。AUTOの動作が正常に確認できれば終了です。